• 本

万葉学者、墓をしまい母を送る

出版社名 講談社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-06-519239-9
4-06-519239-0
税込価格 1,540円
頁数・縦 185P 19cm

商品内容

文学賞情報

2020年 第68回 日本エッセイスト・クラブ賞受賞

要旨

現代万葉研究を大きくリードする学者は、故郷福岡の墓をしまい老いた母を呼び寄せ、七年のあいだ介護して見送った息子でもあった…。体験と学問を軽妙な筆致で往来し、死について深く考えた、真の「エッセイ」。

目次

死の手触り(一九七三年八月十六日
葬式の「格」 ほか)
墓じまい前後(こげな立派な墓はなかばい
墓作りは長崎に学べ ほか)
死にたまふ母(兄のことば
三ヵ月ルール ほか)
われもまた逝く(柳田國男いわく
竹林の七賢と大伴旅人 ほか)

著者紹介

上野 誠 (ウエノ マコト)  
1960年福岡県生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士課程後期単位取得満期退学。博士(文学)。現在、奈良大学文学部教授(国文学科)。研究テーマは、万葉挽歌の史的研究と万葉文化論。第12回日本民族学会研究奨励賞、第15回上代文学会賞受賞。『魂の古代学―問いつづける折口信夫』(新潮選書、第7回角川財団学芸賞受賞。『折口信夫 魂の古代学』と改題、角川ソフィア文庫)ほか著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)