• 本

砂漠と草原の遺宝 中央アジアの文化と歴史

講談社学術文庫 2695

出版社名 講談社
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-06-526442-3
4-06-526442-1
税込価格 1,012円
頁数・縦 209P 15cm

商品内容

要旨

豊富な地下資源と経済発展で、近年注目される旧ソ連領中央アジアの歴史。牧畜から遊牧への移行、アレクサンドロスと張騫がもたらしたもの、仏教・ゾロアスター教・イスラム教の伝来、チンギス・カンによる都市破壊…。新石器時代の原始農耕から一五世紀のティムール帝国・サマルカンドの繁栄まで、遺跡と遺物を手掛かりに復元する。

目次

失われた文化を求めて
農耕と牧畜のはじまり
パルティア皇帝の宮殿
西域の国々
草原の民、高原の民
城塞と都市
オアシスの夕映え

出版社・メーカーコメント

スキタイ、エフタル、匈奴、突厥、ソグド、モンゴルなど、中央アジア諸民族の歴史と文化。農耕・牧畜の開始からティムール帝国まで。

著者紹介

香山 陽坪 (カヤマ ヨウヘイ)  
1915年生まれ。京城帝国大学法文学部史学科を卒業後、東京大学大学院に学ぶ。主に旧ソ連中央アジアの古代史を専門とし、1960年に日ソ交換研究者として初めてソ連を訪れ、中央アジアの各地を歴訪。東海大学文学部教授を務め、2005年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)