• 本

安全と安心の科学

集英社新書 0278

出版社名 集英社
出版年月 2005年1月
ISBNコード 978-4-08-720278-6
4-08-720278-X
税込価格 880円
頁数・縦 206P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

交通事故や医療事故、あるいは自然災害が頻発しているが、元凶は車や劇薬なのか、人なのか、あるいはシステムなのだろうか。われわれの安全を脅かすものは、「安全」の名のもとに人間が作り上げた科学的人工物、社会的構築物である場合が多くなっている。また現代のような文明の高度に発達した社会では、心の病気、自分が生きている社会との不適合に悩む人の割合も増えてきている。これまで定量的に扱えないということで無視されることの多かった「不安」や「安心」といった問題に目を向けなければいけない時代になってきたのだ。

目次

序論 「安全学」の試み
第1章 交通と安全―事故の「責任追及」と「原因究明」
第2章 医療と安全―インシデント情報の開示と事故情報
第3章 原子力と安全―過ちに学ぶ「安全文化」の確立
第4章 安全の設計―リスクの認知とリスク・マネジメント
第5章 安全の戦略―ヒューマン・エラーに対する安全戦略

おすすめコメント

交通事故、医療事故、そして自然災害・・・いま、安心を得るために何が必要か?現代において私たちの安全を脅かしているのは「安全」という名のもとに人間が創り上げた科学的人工物や、今の社会のあり方そのものではないか。この矛盾を解決するためのシステム作りを探る。

出版社・メーカーコメント

「安全」は、達成された瞬間から崩壊が始まる。社会が複雑化するにつれ、われわれの安全を脅かすものは、安全の名のもとに人間が作り上げた科学的人工物である場合が多くなってきている。矛盾した状況を解決するためのシステム作りを提言する。

著者紹介

村上 陽一郎 (ムラカミ ヨウイチロウ)  
1936年東京生まれ。国際基督教大学大学院教授。東京大学名誉教授。専門は科学史、科学哲学。東京大学教養学部卒、同大学院人文科学研究科博士課程修了。東京大学先端科学技術研究センター長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)