• 本

環境共同体としての日中韓

集英社新書 0326

出版社名 集英社
出版年月 2006年1月
ISBNコード 978-4-08-720326-4
4-08-720326-3
税込価格 770円
頁数・縦 254P 18cm

商品内容

要旨

国境を越えて広がる、深刻な公害、汚染、環境破壊―。現実味を帯びる「東アジア経済共同体」の前に、環境崩壊の危機が迫る。その現状と対策とは?東アジアの命運がここに。

目次

第1章 世界の中で影響力を増大させる日中韓
第2章 既に環境共同体!?相互に環境破壊を輸出し合う日中韓(中国→日・韓:大陸から酸性雨の原因物質が流れ込む
中国→日・韓:砂漠や黄土地帯から「黄砂」が飛来する ほか)
第3章 日中韓の環境問題には大きな共通点があった(CO2排出量の増加が温暖化を促進する
東アジアで原子力発電所の拡大が進行する ほか)
第4章 各国が直面する深刻な環境問題(日本・諫早湾干拓で有明海の生態系が危機に
日本・核燃料サイクルの危険性が次第に現実化する ほか)
第5章 未来に向けた取り組みが始まった(中国・専門知識を身につけた環境NGOが躍進する
中国・日本よりも先を行く環境法の整備が進む ほか)

おすすめコメント

酸性雨、海洋汚染、砂漠化、農薬汚染・・・。国境を超えて広がる、環境崩壊の危機。東アジアの命運がここに。急速な経済成長の陰で起きている衝撃の実態と、未来への取り組みとは?

出版社・メーカーコメント

いま、国境を越えて広がる環境危機!公害、毒菜、ごみ問題…。日本と中国、韓国は環境問題を共有している。それぞれの国の環境汚染が、他国に越境被害をもたらしているのだ。深刻な環境危機の現状を紹介し、未来への取り組みを探る。

著者紹介

寺西 俊一 (テラニシ シュンイチ)  
1951年生まれ。京都大学経済学部卒業。一橋大学大学院経済学研究科教授。専門は環境経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)