• 本

新選組の新常識

集英社新書 0605

出版社名 集英社
出版年月 2011年8月
ISBNコード 978-4-08-720605-0
4-08-720605-X
税込価格 770円
頁数・縦 188P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

新選組は根強い人気を誇り、さまざまなメディアで今も繰り返し取り上げられている。そこでは、ある一定の新選組像ができあがっている。だが、一般に新選組に付与されているイメージは、どこまでが史実なのだろう。新選組は本当にダンダラ羽織を着ていたのだろうか。「誠」と書かれた旗を掲げていたのだろうか。厳しい局中法度により、脱走隊士は皆切腹させられたのだろうか―。幕末維新史の専門家が、確実な史料のみを用い、新選組の真の姿を明らかにする。

目次

1 ダンダラ羽織の誕生と寿命(壬生浪士組
鴻池の二百両 ほか)
2 乱立する「誠」の隊旗(隊旗のデビュー
「誠忠」の文字 ほか)
3 「局中法度」への疑問(「局中法度書」とは
「局中法度書」の出現 ほか)
4 脱走隊士の生と死(入隊資格
除隊制度 ほか)
5 新選組高給伝説の真偽(一両の価値
坂本龍馬の証言 ほか)

出版社・メーカーコメント

本当にダンダラ羽織を着ていたのか? 小説やテレビ、映画、ゲームなどで描かれる新選組の姿は、どこまで事実なのか。脱走した隊士は、皆、切腹させられたのか。確実な史料のみを用い、実証的に新選組の実像を明らかにする、新たな決定版。

著者紹介

菊地 明 (キクチ アキラ)  
1951年東京都生まれ。幕末維新史研究家。日本大学芸術学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)