• 本

帝国ホテルの流儀

集英社新書 0629

出版社名 集英社
出版年月 2012年2月
ISBNコード 978-4-08-720629-6
4-08-720629-7
税込価格 836円
頁数・縦 174P 18cm

商品内容

要旨

日本を代表する宿泊施設、帝国ホテル。父親、自身と二代にわたり帝国ホテル社長を務め、お客様をお迎えしてきた著者。豊富な海外経験を生かし、今では常識となったバイキングや立食パーティー等のサービスを根付かせるなど日本のホテル文化に大きな影響を与えた著者が、第一級のおもてなしの精神と経営哲学を語る。また、これまで接したハリウッドスターや各国のVIPのたたずまい、白洲次郎ら名士との交流の逸話を通し、帝国ホテル流のさりげなくも奥行きのある、サービスの流儀を伝える。

目次

チェックイン―百マイナス一はゼロである
第1章 もてなし
第2章 学び
第3章 極み
第4章 育て
第5章 営み
第6章 ふるまい
チェックアウト―後悔しない生き方

出版社・メーカーコメント

マリリン・モンローを魅了したサービスの極意とは? 豊富な海外経験を生かし、バイキングや立食パーティーを根付かせるなど、日本のホテル文化に大きな影響を与えた著者が、おもてなしの精神と経営哲学を語る。白洲次郎らVIPとの交流と逸話も。

著者紹介

犬丸 一郎 (イヌマル イチロウ)  
1926年、東京麹町生まれ。帝国ホテル元社長、元顧問。慶應義塾大学経済学部卒業。49年帝国ホテル入社、その後サンフランシスコ市立大学、ニューヨーク州コーネル大学に留学。マーク・ホプキンス・ホテル、ウォルドルフ・アストリア・ホテルに勤務後、53年再び帝国ホテルに戻り、86年社長就任。99年顧問退任。勲二等瑞宝章ほかフランス、イタリア、ベルギー、フィンランド、ノルウェーより受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)