• 本

心を癒す言葉の花束

集英社新書 0648

出版社名 集英社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-08-720648-7
4-08-720648-3
税込価格 907円
頁数・縦 238P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

困難に遭遇したとき、それを乗り越え、よりよく生きるための支えとなるのが先人達が残してくれた「言葉」。キルケゴール、トルストイ、フランクル、ゲーテの著作や聖書、ドイツ・フランスのことわざなどからデーケン先生が40の言葉をよりすぐり、自らの人生に重ね合わせてその意味と味わい方を語る。悲しい別離や立ちはだかる苦難、人生には数々の危機が訪れるが、それらを癒し、希望をもたらしてくれる知恵とあたたかいユーモアに満ちた言葉の数々がここに。

目次

第1章 苦しみ
第2章 光
第3章 愛
第4章 勇気
第5章 受容
第6章 死
第7章 希望
第8章 今を生きる

出版社・メーカーコメント

苦しみを癒し希望をもたらす先人達の言葉! 困難を乗り越え、よりよく生きるための支えとなる先人達の言葉。死生学の泰斗が40の言葉を選び、自らの人生を重ね合わせて解説する。どんな苦しみにも負けない精神の源には「言葉の力」がある!

著者紹介

デーケン,アルフォンス (デーケン,アルフォンス)   Deeken,Alfons
1932年、ドイツ生まれ。上智大学名誉教授。専門は死生学。フォーダム大学大学院で哲学博士号を取得。上智大学で三十年にわたって「死の哲学」を教える。2003年退官。「東京・生と死を考える会」名誉会長。全米死生学財団賞、菊池寛賞、ドイツ功労十字勲章、東京都文化賞、若月賞などを受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)