• 本

秘密保護法 社会はどう変わるのか

集英社新書 0761

出版社名 集英社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-08-720761-3
4-08-720761-7
税込価格 770円
頁数・縦 186P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

多くの異論や懸念にもかかわらず国会で強行採決された「特定秘密の保護に関する法律」―通称「秘密保護法」が施行される。この「秘密保護法」は、誰が、何の目的でつくったのか。法に違反したらどんな裁判が行なわれるのか。そもそも「特定秘密」とは何なのか?本書は、秘密保護法の内実とそれがもたらす影響について、刑法学の見地、知る権利との関係、憲法との整合性など多様な視点から概説する。

目次

第1章 誰が、何のために秘密保護法をつくったのか(アメリカに合わせた“重罰化”
「立法事実」が存在しない ほか)
第2章 超監視社会への道(「防衛秘密」は共謀罪で処罰できる
テロリズムの行為は「殺傷」と「破壊」のみ ほか)
第3章 「知る権利」の妨害と闘う(実質的施行を一年遅らせた、盗聴法違憲確認・差し止め訴訟
原告になるための五つの条件 ほか)
第4章 憲法と秘密保護法(「秘密保護法」を必要とする時代背景
さらに広がる貧困と格差 ほか)
巻末資料 「特定秘密の保護に関する法律」条文

出版社・メーカーコメント

12月から施行される秘密保護法。その成立の経緯と、それがもたらす具体的影響について、一般的法律論、刑法学の見地、知る権利との関係、憲法との整合性など多様な視点から概説する。