• 本

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論

集英社新書 0815

出版社名 集英社
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-08-720815-3
4-08-720815-X
税込価格 902円
頁数・縦 227P 18cm

商品内容

要旨

大ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリを、ただ古代ローマと風呂が好きなだけの漫画家だと思ったら大間違い。実は一七歳で単身イタリアに渡り国立美術学校で美術史と油絵を学んだ筋金入りの美術専門家なのだ。そんな彼女が初の美術論のテーマに選んだのは、偏愛する「ルネサンス」。しかしそこは漫画家。あの大巨匠も彼女にかかれば「好色坊主」「筋肉フェチ」「人嫌い」と抱腹絶倒のキャラクターに大変身。正統派の美術論ながら、「変人」をキーワードにルネサンスを楽しく解読する、ヤマザキ流芸術家列伝!

目次

第1章 フィリッポ・リッピとボッティチェリ―ルネサンスを爛熟に導いた二人(フィリッポ・リッピ
サンドロ・ボッティチェリ)
第2章 愛しのラファエロ、ミケランジェロ、レオナルド―秀抜した「変人」としてのルネサンス三大巨匠論(ラファエロ・サンティ
ミケランジェロ・ブオナローティ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
「盛期ルネサンス」とは何か)
第3章 型破りで魅力的な各地の「変人」画家たち―シチリア、ヴェネツィア、北方の絵画(アントネロ・ダ・メッシーナ
アンドレア・マンテーニャ
パオロ・ウッチェロ
ヴィットーレ・カルパッチョ
アルブレヒト・デューラー
ホルバインとグリューネヴァルト
ピーテル・ブリューゲル)
第4章 王様から小説家までルネサンスの礎となった「変人」―わが敬愛するルネサンス人たち(フェデリーコ2世(フリードリヒ2世)
ダンテとペトラルカ
アンドレーア・パッラーディオ
ジョルジョ・ヴァザーリ)
第5章 あらためて、「ルネサンス」とは?―多様性と寛容さが世界を救う

出版社・メーカーコメント

大ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』の作者が、もうひとつの「本業」である美術論に初挑戦。正統派の論考にして、ルネサンスの大巨匠を「変人」をキーワードに楽しく解読する、ヤマザキ流芸術家列伝!

著者紹介

ヤマザキ マリ (ヤマザキ マリ)  
漫画家。1967年東京都生まれ。1984年よりイタリア国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で美術史と油絵を学ぶ。1997年漫画家デビュー。2008年連載開始の『テルマエ・ロマエ』が空前の大ヒットとなり、2010年のマンガ大賞、手塚治虫文化賞短編賞を受賞。評論、エッセイの著書も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)