• 本

世界「最終」戦争論 近代の終焉を超えて

集英社新書 0836

出版社名 集英社
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-08-720836-8
4-08-720836-2
税込価格 836円
頁数・縦 250P 18cm

商品内容

要旨

アメリカの国力の低下と共に勃興する諸大国の新たな覇権主義。拡大する中東の戦乱、国境を越える大量の難民、欧州のテロ事件。行き過ぎたグローバル経済と格差社会。国内に目を転じれば大規模な災害が起こる中、平和主義の戦後レジームからの脱却を主張する動きが勢いを増している。いよいよ混迷を深める世界と社会の情勢。その背景にあるのは、世界史レベルのパラダイム(知的枠組)の地殻変動である。顕在化している近代の崩落過程についてリベラル派の言論人を代表するふたりが語り合い、難局を避けるために必要な世界の見取り図を提示する。

目次

序章 問題提起 世界は「最終戦争」に向かっているのか
第1章 液状化する国民国家とテロリズム
第2章 我々は今、疑似戦時体制を生きている
第3章 帝国再編とコミューン型共同体の活性化
第4章 グローバリズムという名の「棄民」思想
第5章 シンガポール化する日本
第6章 「不機嫌な時代」を暴走させないために

出版社・メーカーコメント

いよいよ混迷を深める世界と社会の情勢。その背景には、世界史レベルのパラダイム(知的枠組)の地殻変動がある。顕在化する近代の崩落過程についてリベラル派を代表するふたりが深く語り合う。

著者紹介

内田 樹 (ウチダ タツル)  
1950年東京都生まれ。神戸女学院大学名誉教授。思想家・武道家
姜 尚中 (カン サンジュン)  
1950年熊本県生まれ。東京大学名誉教授。政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)