• 本

たとえ世界が終わっても その先の日本を生きる君たちへ

集英社新書 0870

出版社名 集英社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-08-720870-2
4-08-720870-2
税込価格 836円
頁数・縦 250P 18cm

商品内容

要旨

“イギリスのEU離脱決定”と“ドナルド・トランプのアメリカ大統領選当選”を見て、成長と拡大を求め続ける資本主義経済の終焉を確信したという橋本治。資本主義の終わりとは何か?その後を我々はどう生きるべきなのか?「昭和の終わりと同時に日本経済は飽和した」「貿易なんて西洋人の陰謀に過ぎない」「国民はクビにできないので、企業経営感覚の政治家は容易に差別主義者になる」など、政治や経済といった枠を超えて次世代に語りかけるメッセージ。

目次

序章 イギリスのEU離脱を見ながら考えた
第1章 バブルになるとどうなるのか
第2章 「ヨーロッパ」という謎を解く
第3章 経済は飽和したら終わるものだ
第4章 バブルを経て「社会」が消えた
第5章 なにを言ってもムダな人たち
第6章 世界が終わった後に
終章 不思議な王子様のモノローグ―私は中学生のときにバブルを見た

出版社・メーカーコメント

イギリスEU離脱、トランプ大統領、安倍総理・・・・・・ 「世界がバカになっている時代」に 染まらないために 橋本治と考えよう。 "英国のEU離脱決定"と"トランプ大統領誕生"から、 「西洋2000年の欲望」の終焉を考える橋本氏。 "心のない論理"が蔓延する日本への処方箋は何か。 対話形式で綴られる次の時代へのメッセージ。 ●EUという「貧乏人の互助会」から逃げ出した英国 ●ナチスを作ったのは、『闇金ウシジマ君』のように 貧乏人をハメた「アメリカの金融界」 ●「バブル景気」で日本から「金持ち」が消えた ●昭和経済の本質と、『失われた20年』から抜け出せない理由 ●歌舞伎が廃れたので、「特攻」が生まれた ●「安倍政権」は保守ではなく左翼の末裔 ●今の日本は「官僚みたいな奴」と「感動して涙を流したい奴」だらけ。 だから話が通じない ●トランプはなぜ大統領になろうと思ったのか ●企業経営感覚の政治家は容易に差別主義者になる。 社員と違って国民はクビにできないので、 「こいつは非国民だ」と名指すようになるから 掛け合いで話が進む「対話形式」のため 橋本治史上、最も分かりやすい一冊!

著者紹介

橋本 治 (ハシモト オサム)  
1948年、東京生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、小説、評論、戯曲、エッセイと幅広く文筆活動を行う。『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『双調平家物語』で毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)