• 本

AIが人間を殺す日 車、医療、兵器に組み込まれる人工知能

集英社新書 0890

出版社名 集英社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-08-720890-0
4-08-720890-7
税込価格 836円
頁数・縦 238P 18cm

商品内容

要旨

飛躍的な進化を遂げる人工知能(AI)。明るい未来が語られる一方で、「二〇四五年問題」などのAI脅威論も少なくない。しかし著者はむしろ、目前に迫る危機として、車、医療、兵器の三つを挙げる。共通するのは、私達の命に直結する分野であること。ここに今、最先端のAIが導入されようとしているが、中身の見えないブラックボックスであるうえに、ときに暴走の危険性をはらむ。AIの真の脅威が明らかに!

目次

第1章 AI脅威論の虚実(パターン認識の職種が危ない
二〇四五年問題と火星の人口爆発 ほか)
第2章 自動運転車の死角(死亡事故の現場検証
公道でのテスト走行が不十分だった ほか)
第3章 ロボ・ドクターの誤診(ワトソンとは何か
凄腕の医師ワトソン ほか)
第4章 自律的兵器の照準(対テロ用の自律的ドローン
第三の軍事刷新とは ほか)
第5章 スーパー・オートメーションの罠(原発事故を想定したロボットとは
悪戦苦闘の末に、人の共感を勝ち得る ほか)

出版社・メーカーコメント

「AIに仕事を奪われる」よりも 身近に迫る深刻な危機とは――? 人工知能(AI)が脅威として語られるとき、主な論点は次の2つに集約される。それは、我々の仕事が奪われるという「雇用崩壊」の問題と、人間の知能を超えるという「シンギュラリティ」の問題である。しかしそれ以前に、もっと深刻で危機的な状況が身近に迫っている。それが本書で取り上げる「自動運転」「医療」「兵器」の3分野だ。これらは、産業的インパクトが計り知れないだけに、公然と批判することはタブー視されてきた。本書はこれらの「闇」に深く斬り込み、AI開発を取り巻く現状に警鐘を鳴らす! 【主な内容】 ●ドライバーは事実上のモルモット? 「自動運転車」の闇 ●テスラの自動運転車の死亡事故、真の原因は? ●AIによる医療診断で誤診が起きたときの責任は誰にあるか? ●膨大な医療データの収集で懸念されるプライバシー侵害 ●世界各国で導入が進む標的を勝手に判断して攻撃する「自律的兵器」 ●米国が開発を進める「スマート核兵器」とは?

著者紹介

小林 雅一 (コバヤシ マサカズ)  
1963年、群馬県生まれ。作家・ジャーナリスト、情報セキュリティ大学院大学客員准教授。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院理学系研究科を修了後、東芝、日経BPなどを経てボストン大学に留学、マスコミ論を専攻。帰国後、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所などを経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)