• 本

アフリカ人類の未来を握る大陸

集英社新書 1054

出版社名 集英社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-08-721154-2
4-08-721154-1
税込価格 946円
頁数・縦 254P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

アフリカ大陸では人口が爆発的に急増しており、2050年までに世界人口の4分の1を占めるという予測もある。人口の平均年齢も若く、今後も経済成長が期待できる巨大市場として、他の地域の国々から、進出先として大きな注目を集めている。そんなアフリカには、どんな「光と影」が存在するのだろうか。本書では、経済発展の一方で、砂漠化、飢餓、貧困、紛争といった一朝一夕には解決の難しい課題を抱えるアフリカの現状と未来を、現役NHK特派員が現地取材をもとにレポートする。アフリカ諸国は、中国からの巨額の融資やインフラ整備などもあり急速に発展を遂げつつあるが、先進国によるこれまでの温室効果ガス排出の「ツケ」ともいえる気候変動の影響を如実に受け、食糧不足による深刻な飢餓、観光資源の破壊などの被害にも見舞われている。その一方で、ドローンを使った新たなビジネスの開発など、若者たちを中心とする「変化を起こす」気運が高まっているようだ。著者はNHKヨハネスブルク支局長。京都大学卒業後、NHKに入局し、イラク戦争、シリア内戦やIS取材、国際放送局キャスター、解説委員を経て現職。アフリカ全域を取材している。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2021年3月23日]

商品内容

要旨

二〇五〇年、アフリカ大陸の人口は二五億人に迫り、世界の四人に一人が「アフリカの人」になると言われている。人口激増は食糧問題や経済発展、環境破壊に大きな影響を及ぼす。つまり、人類全体の未来は、アフリカを抜きには語れないということだ。そのアフリカは、経済発展している一方で、砂漠化、飢餓、貧困、紛争など、グローバル資本主義の矛盾も多く抱えている。アフリカはこの先どうなっていくのか?その現状と未来を、現役NHK特派員が現地からレポート!

目次

はじめに アフリカを歩く
「虹の国」のワンチーム―南アフリカ
世界最悪の貧富の格差―南アフリカ
そこをコロナが襲った―南アフリカ
植民地支配の呪い―カメルーン
中国化するアフリカ―ケニア/セネガル/アンゴラ/ザンビア
気候変動最前線―ブルキナファソ/タンザニア
海面上昇に翻弄される「優等生」―モーリシャス
幼すぎる結婚―ニジェール
黄金とテロ―ブルキナファソ/トーゴ/ベナン
世界で最も若い国の若者たち―南スーダン
平和のために闘う医師―コンゴ民主共和国/ウガンダ
カエル跳びで前進せよ―ルワンダ/エチオピア
監獄からの手紙―南アフリカ

著者紹介

別府 正一郎 (ベップ ショウイチロウ)  
1970年、大阪府生まれ。京都大学卒業後NHK入局。イラク戦争、シリア内戦やIS取材、国際放送局キャスター、解説委員を経て、2018年からヨハネスブルク支局長としてアフリカ全域を取材している。2007年、ボーン・上田記念国際記者賞(中東・アフリカの紛争取材)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)