• 本

宇宙はなぜ物質でできているのか 素粒子の謎とKEKの挑戦

集英社新書 1088

出版社名 集英社
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-08-721188-7
4-08-721188-6
税込価格 858円
頁数・縦 189P 18cm

商品内容

要旨

宇宙が星や銀河、われわれ人間などの「物質」でできているのは、最初期にほんの少しだけ「反物質」より「物質」のほうが多かったからである。もし物質と反物質の量が同じだったら、両者は対消滅してしまい、宇宙はからっぽの空間になっただろう…。問題のカギを握るCP対称性の破れの物理モデルを提唱した小林・益川理論の正しさを実験的に示し、この理論にノーベル物理学賞をもたらしたのが、本書の主役であるKEK(高エネルギー加速器研究機構)だ。各時代を支えた研究者たちが、驚きに満ちた実験の最前線と未解決の謎を解説する。

目次

はじめに(小林誠)
第1章 素粒子の標準模型とCP対称性の破れ(小林誠)
第2章 加速器実験の歴史(菊谷英司)
第3章 小林・益川理論を検証せよ〜PART1(山内正則)
第4章 小林・益川理論を検証せよ〜PART2(生出勝宣)
第5章 ニュートリノとCP対称性の破れ(市川温子)
第6章 「新しい物理」と加速器科学の未来(岡田安弘)
おわりに(小林誠)

出版社・メーカーコメント

「消えた反物質の謎」のカギを握る小林・益川理論。ノーベル賞をもたらした研究者たちが、実験の最前線と未解決の謎を解説する。

著者紹介

小林 誠 (コバヤシ マコト)  
高エネルギー加速器研究機構特別栄養教授。「CP対称性の破れの起源の発見」によりノーベル物理学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)