• 本

雲の王

出版社名 集英社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-08-771455-5
4-08-771455-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 365P 19cm

商品内容

要旨

気象台に勤務する美晴は、十代の頃に事故で両親を亡くし、今は息子の楓太と二人暮らし。行方知れずの兄からの手紙に導かれ、母子はある郷を訪れる。そこで出会ったのは、天気と深くかかわり、美晴の両親のことも知る郷の住人たち。美晴たち一族には、不思議な能力があるらしい。郷から戻った美晴は、ある研究プロジェクトに参加するが…。一族のもつ能力とは?彼らが担ってきた役割とは?気象災害を、不思議な力で回避することができたら?人と自然のかかわりを見つめなおす、壮大な長編小説。

出版社
商品紹介

気象台に勤務する美晴は、息子の楓大と二人暮らし。放浪中の兄から突然届いた手紙には、謎の地名が記されていて…。天気を「よむ」不思議な能力をもつ一族をめぐる、壮大な気象科学エンタメ。

出版社・メーカーコメント

不思議な一族をめぐる壮大な“気象エンタメ” 気象台に勤務する美晴は、息子の楓大と二人暮らし。放浪中の兄から突然届いた手紙には、謎の地名が記されていて…。天気を「よむ」不思議な能力をもつ一族をめぐる、壮大な気象科学エンタメ。

著者紹介

川端 裕人 (カワバタ ヒロト)  
1964年兵庫県生まれ。千葉県育ち。東京大学教養学部(科学史専攻)卒業後、日本テレビに入社。科学技術庁、気象庁などの担当記者として、宇宙開発、海洋科学、自然災害などの報道に関わる。97年退社。98年『夏のロケット』で小説家デビュー。小説やノンフィクションなど幅広く活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)