• 本

南方熊楠英文論考 〈ネイチャー〉誌篇

出版社名 集英社
出版年月 2005年12月
ISBNコード 978-4-08-781332-6
4-08-781332-0
税込価格 6,160円
頁数・縦 421P 22cm
シリーズ名 南方熊楠英文論考

商品内容

要旨

『ネイチャー』掲載論文全訳、そのほとんどが本邦初訳。26歳の処女論文「東洋の星座」からオランダ人東洋学者との「ロスマ」大論争まで、全63篇収録(59篇初訳)。

目次

東洋の星座
東洋の科学史に関する小論
虻と蜂に関するフォークロア
中国古代文明に関する小論
拇印考
マンドレイク
さまよえるユダヤ人
驚くべき音響・死者の婚礼
ロスマ論争
ムカデクジラ
日本の発見
日本の記録にみえる食人の形跡
隠花植物研究
雑纂1―俗信・伝統医術
雑纂2―自然科学など

出版社・メーカーコメント

超博学多識ぶりの真髄を、読みやすい新訳で。26歳の処女論文「東洋の星座」から、オランダ人東洋学者との「ロスマ」大論争まで、全63篇(59篇初訳)。20歳から33歳まで、アメリカ・イギリスで過ごした熊楠の思索の中核をなす論考。待望の書。

著者紹介

飯倉 照平 (イイクラ ショウヘイ)  
1934年生まれ。東京都立大学名誉教授。中国文学研究者
松居 竜五 (マツイ リュウゴ)  
1964年生まれ。龍谷大学助教授、科学研究費補助プロジェクト「南方熊楠草稿資料の公刊および関連資料の総合的研究」代表
田村 義也 (タムラ ヨシヤ)  
1966年生まれ。成城大学非常勤講師
中西 須美 (ナカニシ スミ)  
名古屋大学講師を経て翻訳業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)