• 本

料理家村上祥子式78歳のひとり暮らし ちゃんと食べる!好きなことをする!

出版社名 集英社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-08-786131-0
4-08-786131-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

生き方、暮らしの知恵、家族のこと、おすすめレシピ、80代の計画。キャリア50年。ベテラン料理家の元気の秘密を公開します。

目次

78歳、村上祥子の日常をお見せします
第1章 78歳、こんな毎日を過ごしています
第2章 今の私を動かす記憶
第3章 やめたこと 始めたこと
第4章 すべてが見える!シンプルキッチンのすすめ
第5章 仕事とともに生きる
第6章 自分らしい「終活」DAYS
村上祥子式 ひとりでも毎食ちゃんと食べる簡単レシピ

出版社・メーカーコメント

「ちゃんと食べて、ちゃんと生きる」。村上さんの実践する「食べ力」(R) は、生き方の栄養学です。ー野崎洋光さん(分とく山 総調理長)これまでに出版した著書は500冊以上!生き方、家族、仕事、暮らしの知恵から80代の夢と計画、おすすめレシピまで。78歳の料理家・村上祥子の元気の秘密がまるごとこの1冊に!社宅に住む主婦だったときに、料理コンテストで優勝。その後、料理研究家として活躍を続け、地元・福岡と東京を頻繁に往復してきた村上祥子。管理栄養士として、糖尿病、生活習慣予防改善のためのカロリー控えめで栄養バランスの優れた食事を考案し続け、「たまねぎ氷」「にんたまジャム」など健康に良いアイデアレシピを創ってきました。「ちゃんと食べて、ちゃんと生きる」。現在まで、ぶれない考えが生まれたのは、30代後半で顎骨の骨髄炎を患ったとき。40代に入って病名が判明し、10回の手術で抜歯18本。闘病生活は4年に渡りました。「華やかなごちそうよりも、おしゃれなメニューよりも、堅実な食生活が大切」。憑き物が落ちたように、食べる意味を悟りました。 現在、78歳。子どもたちは独立し、夫は6年前に先立ち、“後期高齢者のひとり暮らし”。1日3食ちゃんと食べているけれど、手間は省いて簡単に。材料をマグカップに入れ電子レンジでチン! の「マグカップごはん」。肉、魚、野菜をフリーザーバックに入れる「1人分冷凍パック」。料理教室で生徒のニーズを知って編み出したメニューを私生活でも実践。体調は絶好調。子どもたちの食育と、自立するシニアのための料理教室に力を注いでいます。80代の夢は、美味しいランチを提供する「村上食堂」のオープン。世界のおばあちゃんを取材して、とっておきのお菓子の作り方を本にまとめること。好きなことを続けるために、ちゃんと食べ続けています。人生を振り返りながら、気負わない毎日の暮らしぶりを紹介、実際に食べているごはんのレシピをお届けします。●著者について 村上祥子(むらかみ さちこ) 料理研究家、管理栄養士、福岡女子大学客員教授。1985年より福岡女子大学で栄養指導講座を15年担当。治療食の開発で、油控えめでも1人分でも短時間でおいしく調理できる電子レンジに着目。以来、研鑽を重ね、電子レンジ調理の第一人者になる。

著者紹介

村上 祥子 (ムラカミ サチコ)  
料理研究家、管理栄養士、福岡女子大学客員教授。1985年より福岡女子大学で栄養指導講座を担当。治療食の開発で、油控えめでも1人分でも短時間でおいしく調理できる電子レンジに着目。以来、研鑽を重ね、電子レンジ調理の第一人者になる。生活習慣病予防改善、個食時代の1人分簡単レシピ、小・中学校や幼稚園・保育園への食育出張授業、シニアの料理教室などあらゆるジャンルで電子レンジのテクを活用。これまでに出版した著書は500冊を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)