• 本

土竜の唄 17

ヤングサンデーコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2009年5月
ISBNコード 978-4-09-151428-8
4-09-151428-6
税込価格 607円
頁数・縦 217P 18cm
シリーズ名 土竜の唄

出版社・メーカーコメント

▼第160話/撃てよ相棒▼第161話/賢いネズミ▼第162話/ペットショップの謎▼第163話/男魂闘犬バトル!?▼第164話/缶詰▼第165話/パピヨンの行方▼第166話/元気そうだな▼第167話/轟のアキレス腱▼第168話/取引前夜▼第169話/人生最後のメシ▼第170話/罪と罰●主な登場人物/菊川玲二(元・谷袋署交番勤務の巡査。数寄矢会会長・轟周宝を検挙するべく潜入捜査官[モグラ]となり、阿湖義組の組長・阿湖正義の親子盃を受けた)●あらすじ/ロシアンマフィアとのMDMA取引まであと3日。その現場を押さえるため、謎の密輸方法を聞き出そうとした玲二だったが、月原に警察の犬と疑われてしまう。銃の試し撃ちをすると言って海岸へ行き、玲二を埠頭に立たせて銃口を向ける月原。玲二は身の潔白を晴らすため、的である瓶を頭上に掲げて「撃てよ、相棒」と言い放つ。それに対して月原は…?(第160話)●本巻の特徴/108万錠もの合成麻薬・MDMAを密輸する驚愕の手口とは?そして潜入捜査官・玲二は、見事現場を押さえることができるのか…!?「北海道・MDMA編」ついに核心へ!!●その他の登場人物/月原旬(阿湖義組若頭補佐。玲二と相棒契約を結ぶ)、海老塚刃(通称“ザリガニの刃”。北海道の数寄矢会傘下組長)、赤桐一美(玲二の専属養成係。表の顔は谷袋署資料整理室整理係)、福澄独歩(厚生労働省の麻薬取締部課長。玲二の潜入捜査に協力)、桃川千晶(警視庁の組織犯罪対策部刑事。玲二が元警察官であることは知っているが、潜入捜査官であることは知らない)、轟周宝(広域指定暴力団・数寄矢会会長。8000人を束ねるドン)