• 本

医龍 14

最強の鎧

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2007年8月
ISBNコード 978-4-09-181379-4
4-09-181379-8
税込価格 556円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 18cm
シリーズ名 医龍

出版社・メーカーコメント

▼第107話/最強の鎧▼第108話/お返し▼第109話/意見▼第110話/口止め▼第111話/ミルク▼第112話/欲しいもの▼第113話/弔い▼第114話/特権●主な登場人物/朝田龍太郎(かつてNGOで世界レベルの医療チームを指揮していた唯一の日本人。今は、明真大学付属病院・胸部心臓外科の無給医)、伊集院登(明真大学付属病院・胸部心臓外科の研修医)、霧島軍司(明真大学付属病院の教授選に野口が送りこんだ、野心家の刺客。朝田とは因縁浅からぬ仲)●あらすじ/バチスタチームにとって政敵である霧島の方針に共感し、その助手につくことになった伊集院。大事な選挙戦を前に、一枚岩の結束が揺らぎ始めたチームだが、そんな中でも朝田は目の前の患者の命しか見ていなかった。一方、霧島の公開手術を前に緊張気味の伊集院は…?(第107話)●本巻の特徴/野口と霧島、お互いの腹を探り合う公開手術で、痛恨のミスが発生!リスクを避け権威に付くか、患者のために最期まであがくか…。伊集院の一言が手術の行方を変える!?●その他の登場人物/加藤晶(腐った日本医療を改革するため、教授のポストを狙っている。36歳の若さで、明真大学付属病院・胸部心臓外科助教授)、里原ミキ(かつて朝田と同じ大学で、オペ・チームを組んでいた看護師)、木原毅彦(明真大学付属病院・胸部心臓外科の助手)、鬼頭直人(明真大学付属病院・救急救命部の教授)、野口教授(明真大学付属病院・胸部心臓外科教授。院内での政治手腕に長けた、老獪な古狸)