• 本

築地魚河岸三代目  24

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2008年6月
ISBNコード 978-4-09-181845-4
4-09-181845-5
税込価格 565円

出版社・メーカーコメント

▼第1〜2話/スルメと呼ばれて…(前・後編)▼第3〜4話/嫁に食わすな(前・後編)▼第5話/人気のないオスダコ▼第6〜7話/勇気のイトヨリ(前・後編)●主な登場人物/赤木旬太郎(元・銀行マン。妻の実家、築地魚河岸の仲卸「魚辰」の三代目を継ぐことに)、明日香(旬太郎の妻で、「魚辰」のひとり娘。料理が下手で、魚にも触れない)、英二(「魚辰」を実質的に仕切る男。魚の目利きは超一流)、拓也(「魚辰」の若手従業員。実家は漁師。無口な勉強家)、雅(「魚辰」の中堅。イキはいいが根が単純。直情径行型)、エリ(お帳場さんと呼ばれる経理担当。フグが好き)、若(閉店した塩干物の老舗「干青」の元・跡取り。「魚辰」の新戦力だが…!?)●あらすじ/演技の参考にするため築地にやってきた、存在感のない役者・大井川。彼は尊敬する役者に「お前はスルメイカのような役者だ」と言われて落ち込んでいた。なんとか力になれないかと会食する三代目たちだが、どうもスルメイカはタイやマグロなどに比べて高級なイメージがなく…(第1話)。●本巻の特徴/関西から引っ越してきて築地になじめないひとり息子のため、過保護な父親がイトヨリで元気づけようとする表題作「勇気のイトヨリ」他、全4編7話を収録。恒例のレシピコミックには、映画化記念スペシャルゲスト・森口瑤子さんが登場!!●その他の登場人物/「新宮」三代目(老舗の三代目で、築地のサラブレッドと呼ばれる男。魚の目利きでは五本の指に入る)、千秋(英二の妻。築地場外にある小料理屋「ちあき」を営む)