• 本

花と奥たん Uruwashigaoka Life! 1

ビッグスピリッツコミックススペシャル

出版社名 小学館
出版年月 2009年5月
ISBNコード 978-4-09-182533-9
4-09-182533-8
税込価格 802円
頁数・縦 232P 18cm
シリーズ名 花と奥たん

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 東京近郊の住宅地「うるわしが丘西4丁目」にて、働いて帰る旦那たんを待っている可愛い奥たんの日常を描いたコミックです。奥たんがミニウサギと一緒に大好きな旦那たんを待つ食卓には、いつもおいしいゴハンが並んでいます。
    ・・・という、ほのぼのストーリーと思いきや、その食卓に旦那たんの姿を見ることはありません。そして窓の外に広がる景色には、東京のビル街を飲みこんでいる巨大な『花』の姿。

    奥たんが自転車で近所を冒険したり、おいしいゴハンを手際よく作っていたり、野菜や米を育てて収穫したりする部分に流れる空気があまりにもやわらかで優しいものなだけに、時々顔をのぞかせる「旦那たんが帰ってこない事情」の片鱗に、ドキッとさせられるのです。視覚的にも、モノクロページの中に部分的に差し込まれるカラーページが奥たんの見ている世界をより鮮やかなものとして際立たせ、まるで自分がミニウサギの視点になって一番近くで奥たんを見ているように思え、物語に深く入り込めます。

    (2009年5月5日)

出版社・メーカーコメント

▼第1話/タラのワイン蒸しミニトマトソース▼第2話/カボチャとゴーヤーのスパイス煮▼第3話/梅干とごはん▼第4話/ヒジキづくしごはん▼第5話/手間たっぷりのちらし寿司●主な登場人物/奥たん(旦那たんには、ももさんとも呼ばれている。お料理が破滅的に好きかつ得意)、Pたん(ミニウサギ。実はこの物語の語り手)●あらすじ/東京近郊の住宅街、うるわしが丘。そこの一戸建てに、ミニウサギのPたんといっしょに住んでいる奥たんは新婚さん。東京でお仕事の旦那たんの帰りを待って、せっせと家事をして、晩ごはんをつくる毎日。今日の晩ごはんは魚に決めた奥たんだけど、お目当てのタラはスーパーでは品切れ。どうしても魚がほしい奥たんは横浜へ向かうけど、そこは今や…!?(第1話)●本巻の特徴/お料理大好き奥たんは今日も、東京にお勤めの旦那たんの帰りを待って、はりきって晩ごはんの支度。だけどあの日以来、東京は…?「いいひと。」「最終兵器彼女」の高橋しんが贈る、新感覚SF!!