• 本

黄昏流星群 52

遊誘惑星

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-09-187648-5
4-09-187648-X
税込価格 607円
頁数・縦 201P 18cm
シリーズ名 黄昏流星群

おすすめコメント

人生最後に愛した人は、女詐欺師でした。ひとり豪邸に暮らす画家・梅山龍夫は、たまたま自分の家を写生していた 人妻・みどりに一目惚れをする。意を決して彼女に「ヌードモデルになってほしい」と頼んだのをきっかけに、二人は猛スピードで男女の仲に。「すべてを捨てて、自分のもとへ来てほしい」という条件を出し、自分の全財産3億円をみどりに渡そうとする梅山だが、みどりが“とんでもない”過去を持つ女だということが発覚し…!? 人生最後の純愛を描いた表題作「遊誘惑星」のほか、娘の恋人の母親との秘めた熱情を描く「星食に遭う」、売れない漫画家の、ひと夏のホラーチックな恋愛体験を 描く「星空怪談」の全3篇を収録!

出版社・メーカーコメント

人生最後に愛した人は、女詐欺師でした。ひとり豪邸に暮らす画家・梅山龍夫は、たまたま自分の家を写生していた人妻・みどりに一目惚れをする。意を決して彼女に「ヌードモデルになってほしい」と頼んだのをきっかけに、二人は猛スピードで男女の仲に。「すべてを捨てて、自分のもとへ来てほしい」という条件を出し、自分の全財産3億円をみどりに渡そうとする梅山だが、みどりが“とんでもない”過去を持つ女だということが発覚し…!?人生最後の純愛を描いた表題作「遊誘惑星」のほか、娘の恋人の母親との秘めた熱情を描く「星食に遭う」、売れない漫画家の、ひと夏のホラーチックな恋愛体験を描く「星空怪談」の全3篇を収録!