• 本

ギャラリーフェイク Number.019

Toulouse‐Lautrec,Henri de

小学館文庫 ほB−29

出版社名 小学館
出版年月 2007年6月
ISBNコード 978-4-09-196069-6
4-09-196069-3
税込価格 660円
頁数・縦 294P 16cm
シリーズ名 ギャラリーフェイク

出版社・メーカーコメント

▼第1話/老人は美術館を目指す▼第2話/誓いの錠[ロック](前・後編)▼第3話/偽藤田営業日記▼第4話/上海蓮華窯炉▼第5話/サトゥルヌスの子供たち▼第6話/似顔絵の陥穽[かんせい]▼第7話/修復するは我に有り▼第8話/本日快晴ナリ▼第9話/コーカサスの虜囚[とりこ]▼第10話/知念、危機一髪!▼第11話/最後の一夜●主な登場人物/藤田玲司(メトロポリタン美術館の元学芸員で、贋作専門の画廊“ギャラリーフェイク”のオ−ナ−)、サラ・ハリファ(Q首長国の王族の娘で、フジタの秘書)、三田村小夜子(高田美術館館長。美術界のジャンヌ・ダルクと呼ばれる)●あらすじ/テレビ塔展望台の金網に付けられた、無数の南京錠。「二人の名前を書いた錠をかければ、永遠の愛が約束される」との噂が若いカップルの間で広まり、この日はサラがフジタに名前を書かせた錠を付けていた。サラの後を追ってきたフジタが恥ずかしそうに帰ろうとすると、ひとつの“からくり錠”に目が止まって…(第1話)。●本巻の特徴/フジタのもとに美女が弟子入り? 気が気でないサラをよそに、親密度を増していくふたりだが、彼女にはフジタに言えない別の目的があって…!? 「修復するは我に有り」他、全11話を収録。