• 本

医龍 5

小学館文庫 のB−5

出版社名 小学館
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-09-196365-9
4-09-196365-X
税込価格 817円
頁数・縦 1冊 16cm
シリーズ名 医龍

出版社・メーカーコメント

天才麻酔医とのタッグで朝田の真の実力が!明真大病院で、医療ミスが隠蔽されていた。ミスの内容は、心臓手術の際、患者の体内に縫合針を置き忘れたというもの。執刀医の児玉は、野口教授と木原助手の指示のもと、その事実を患者に隠蔽し、もう後戻りはできなくなっていた…。一方、2例目のバチスタ手術を控えた3日前、過去に傷を持つ天才麻酔医・荒瀬をチームに加入させた朝田だったが…その夜、例の手術時のオペ看が意を決してやってきたものだから―――!!また、この事件の余波を受け、胸部心臓外科の教授(ボス)・野口は、医局を改革すると宣言。その意味するところは、バチスタ手術前の加藤を奈落の底に叩き落とすものだった!!?