• 本

西田幾多郎 世界に影響を与えた日本人初の哲学者

小学館版学習まんが

出版社名 小学館
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-09-227167-8
4-09-227167-0
税込価格 990円
頁数・縦 160P 23cm

商品内容

目次

第1章 西田幾多郎、哲学と出合う
第2章 苦難の学生時代から結婚へ
第3章 波乱の教職生活
第4章 西田哲学とは?
第5章 哲学者の晩年
学習資料館

出版社
商品紹介

日本初の哲学書の著者で、日本の知識人だけでなく、世界中に影響を与え続けている哲学者・西田幾多郎。その波乱に満ちた生涯と、輝きを失わない言葉をわかりやすく学習まんが化。大人にも読んでほしい一冊。

出版社・メーカーコメント

偉大な哲学者、初の学習まんが化!京都に残る「哲学の道」は、西田幾多郎が思索しながら歩いた道であり、その全集は哲学書として記録的な大ベストセラーとなりました。彼の著書「善の研究」は60年ほど前の文系の大学生の必読書として親しまれていました。国内外の有識者・研究者に大きな影響を与えながら、内容の難解さのためか、彼の考えは一般的に知られていませんでした。一方、彼の生まれ故郷である石川県かほく市では、小学校から彼の業績を教え続けています。本書はかほく市と西田幾多郎記念哲学館の協力・監修により、彼の生涯とその考えを誰にでもわかりやすく描いた、初の学習まんがです。世界の主流だった西洋哲学と異なる、独自の「西田哲学」がどんな考えなのか、それがどのように生まれたのかを、小学生でもわかるようにストーリーで解説する、非常に大胆な内容です。彼の著書に興味があった人、難解で理解できなかった人など大人にもぜひ読んでほしい一冊です。

著者紹介

みやぞえ 郁雄 (ミヤゾエ イクオ)  
1952年生まれ。手塚治虫に師事する
平良 隆久 (タイラ タカヒサ)  
1962年生まれ。「名探偵コナン」シリーズの原作を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)