• 本

世界の中心で、愛をさけぶ

小学館ジュニア文庫 ジか−1−1

出版社名 小学館
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-09-230760-5
4-09-230760-8
税込価格 770円
頁数・縦 252P 18cm

商品内容

要旨

「お別れね」と彼女は言った。「でも、悲しまないでね」「またわたしを見つけてね」朔太郎とアキが出会ったのは、中学2年生の時。幸せな時間はゆっくりと、だけど確実に流れていった。落ち葉の匂いのするファーストキス。無人島でのふたりきりの一夜。だけど、アキは発病してしまう。日に日に弱っていくアキをただ見守るしかない朔太郎は、彼女の17歳の誕生日に、アキが修学旅行で行けなかったオーストラリアへ一緒に行こうと決意するが…。

出版社
商品紹介

好きな人を亡くすことは、なぜ辛いのだろうか――十数年前、高校時代に体験した恋人の死を巡って展開される、どこまでもピュアな物語世界。

出版社・メーカーコメント

累計350万部突破のベストセラー 主人公は朔太郎という名の、地方都市に住む高校2年生。物語は、アキという名の同級生の恋人の死から始まる。生前の彼女との思い出を回想するように、ふたりの出会い、放課後のデート、恋人の墓から遺骨の一部を盗んだ祖父の哀しくユニークな話、ふたりだけの無人島への旅、そして彼女の発病・入院、病院からの脱出、そして空港での彼女の死までのストーリーが語られていく。その中で朔太郎は自分の「いま」が、彼女との出会いから始まっていたことに改めて気づく。アキの死から十数年が経過した今も粉状になった彼女の遺骨の一部を小さな硝子瓶に持ち続けていた朔太郎は、新たな恋人とともにアキとの思い出が詰まった郷里を訪ねる。そして「アキの死」が残したものの大きさを感じながら、ふたりがかつて一緒にいた郷里の学校のグラウンドで静かに骨を撒いた――。

著者紹介

久世 みずき (クゼ ミズキ)  
現在、「ちゃお」・「ちゃおデラックス」で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)