• 本

ドラえもん科学ワールド恐竜と失われた動物たち

ビッグ・コロタン 116

出版社名 小学館
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-09-259116-5
4-09-259116-0
税込価格 935円
頁数・縦 213P 19cm

商品内容

要旨

ドラえもんを読んで、恐竜や絶滅動物の謎を知る!まんがを読みながら、恐竜の進化や絶滅動物の謎まで、最新の研究情報を実例に勉強できる、画期的な学習本。

目次

恐竜の進化と派生
恐竜をめぐる環境変化
恐竜時代の陸・海・空
化石から解明される恐竜の謎
地球誕生と生命の起源
生物の進化と大陸移動
地球で起きた5回の大量絶滅
絶滅動物と人間生活

出版社・メーカーコメント

ドラえもんのまんがで学ぶ現代の科学第3弾第1弾・宇宙の不思議、第2弾・動植物の不思議と、大好評のシリーズ第3弾は未だに謎が多い恐竜と、絶滅した動物たちがテーマです。生命はどのように生まれ、どう進化していったのか、繁栄して数を増やしていった恐竜などの動物たちが、絶滅してしまったのはなぜか、を取り上げます。監修は恐竜博士として有名な国立科学博物館の真鍋真さんです。藤子・F・不二雄は、絶滅してしまった生物、とりわけ恐竜の時代に深い愛着を持ち、初の映画化作品はフタバスズキリュウをテーマにしたものでした。仕事場の机の傍らには恐竜の骨や模型を飾っていたほどの恐竜好きだったため、作品にも恐竜や絶滅した動物たちが数多く登場します。その作品を読みながら、本格的な科学記事で学んでいく形式はこのシリーズの特徴です。日進月歩で解明が進んでいる現代科学では、絶滅した動物たちの謎も例外ではありません。恐竜の子孫が鳥に進化したことが明確になったのは、つい最近のことです。現在は恐竜の実際の動きや色まで研究が進んでいます。本書では研究成果を元に、絶滅した動物たちの生態と絶滅の理由を取り上げます。

著者紹介

真鍋 真 (マナベ マコト)  
古生物学者。1959年東京生まれ。横浜国立大学卒業、米イェール大学修士課程修了。英ブリストル大学で博士課程修了。PhDを取得。現在、国立科学博物館の地学研究部の研究主幹。は虫類や鳥類化石を中心とした古脊椎動物学の専門家。ティラノサウルス類のアジア起源説などで知られる。2005年、2011年の「恐竜博」の監修者で、テレビや雑誌では「恐竜博士」と紹介されることも多い。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)