• 本

十五少年漂流記

小学館学習まんが世界名作館 4

出版社名 小学館
出版年月 2013年2月
ISBNコード 978-4-09-270304-9
4-09-270304-X
税込価格 1,045円
頁数・縦 158P 23cm

商品内容

要旨

はげしい雨と風、とどろく雷鳴、うねる大波…そんな海を漂う帆船―乗っているのは、ニュージーランドの寄宿学校の少年たち。なんとか流れついた、人の姿も見えない陸地で、15人の少年たちは新しい生活を始める。食べるものも、着るものも、住む家もない場所で少年たちは知恵と勇気をふりしぼり、力を合わせて生きていくが…!?。

出版社
商品紹介

暴風と雷鳴と大波の洋上を漂う帆船。乗っているのは、ニュージーランドの寄宿学校の少年達……。なんとか流れついた無人島で、国籍も年齢も違う15人の少年達は知恵と勇気をふりしぼり、力を合わせて生きていくが……?

出版社・メーカーコメント

少年冒険小説の金字塔を、まんが化! 新しい学習まんがシリーズ【世界名作館】の第4弾は、少年冒険小説の金字塔・『十五少年漂流』です。小説の作者、ジュール・ヴェルヌは、『海底二万里』『「月世界旅行』などのSF(サイエンスフィクション)小説の第一人者でしたが、そんな彼が唯一書いた少年向けの小説が、この「十五少年漂流記」(原題は『二年間の休暇』)でした。1888年、日本では大日本帝国憲法発布の1年前のことです。ニュージーランドの寄宿学校・チェアマン学校の生徒達は、夏休みに帆船でニュージーランド一周の旅に出かけようとします。ところがなぜか出港直前に、15人の少年達を乗せたまま、船が流されてしまいます。フランス人のブリアン、アメリカ人のゴードン、イギリス人のドニファン等、国籍も年齢も違う少年達は、絶海の孤島に流れ着きます。でもそこは食べるものも住む場所もなく、ただ自然だけがあるところ… 救助の船はやってこない… それでも少年達は、知恵と勇気をふりしぼり、新しい生活を始めるのです。さまざまなトラブル、仲間とのいさかい、絶望寸前の状況の中でも彼らはあきらめません。いつか絶対ニュージーランドに帰る! その思いが実現する日を信じて…

著者紹介

ヴェルヌ,ジュール (ヴェルヌ,ジュール)   Verne,Jules
フランスの港町に生まれて、たくさんの冒険小説や空想科学小説を書いた小説家。作品の舞台は、月、地底、海底、無人島など、さまざまな場所におよぶ。1828〜1905
大谷 じろう (オオタニ ジロウ)  
漫画家。1971年、東京都出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)