• 本

デモナータ 5幕

血の呪い

デモナータ   5

出版社名 小学館
出版年月 2007年7月
ISBNコード 978-4-09-290325-8
4-09-290325-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 390P 22cm
シリーズ名 デモナータ

商品内容

要旨

グレイディ一族の血に流れる「人狼病」。発病の可能性のある三人のうち、姉と弟が発病し、ついにグラブスも人狼病を発症する兆候が見えてくる…。

出版社
商品紹介

シリーズ第5弾。3人目の主人公ベックが閉じこめられた穴を1600年経たいま、主人公グラブスが掘り返す。まさにハラハラドキ。

おすすめコメント

シリーズ第5弾。前作で1600年も前の時代に飛んだわけがようやく明かされます。三人目の主人公ベックが閉じこめられた穴を1600年経たいま、主人公グラブスが掘り返してしまうのです。まさにハラハラドキ。

出版社・メーカーコメント

前巻4幕で女の子の主人公ベックが登場した。1600年も昔のアイルランドで、捨て子だったベックは自分のルーツを探す旅に出る。この巻で『デモナータ』シリーズの核となっている「人狼病」や「魔界」のルーツが読者に見えてきた。そしてこの5幕は、また現代に戻る。1幕、3幕に登場した男の子の主人公グラブスは、まるで引きつけられるように、隠されていた洞穴を掘り出してしまう。その洞穴こそ、4幕の主人公ベックが1600年前に入っていったものだった。人間の世界とデモナータの悪魔の世界をつなぐ道なのだ。しかも主人公グラブスは人狼病を発症する兆候が見えてくる……。いつもながら予想をくつがえす著者ダレン氏の小説手法に、読者はハラハラドキドキで読み進めねばならない。

著者紹介

シャン,ダレン (シャン,ダレン)   Shan,Darren
1972年、ロンドン生まれ
橋本 恵 (ハシモト メグミ)  
翻訳家。東京都生まれ。東京大学教養学部卒。大人向けのノンフィクションを中心に翻訳してきたが「子育てに奮闘中の現役ママ」として児童書・ヤングアダルト分野に転向
田口 智子 (タグチ トモコ)  
東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)