• 本

Jr.日本の歴史 2

都と地方のくらし 奈良時代から平安時代

出版社名 小学館
出版年月 2010年11月
ISBNコード 978-4-09-293012-4
4-09-293012-7
税込価格 1,980円
頁数・縦 301P 22cm
シリーズ名 Jr.日本の歴史

商品内容

要旨

古代国家はどのようにしくみをととのえたのだろう。律令をとりいれ、都をつくり、国家として歩みはじめた日本。貴族と庶民のくらしぶりをえがく。

目次

第1章 日本の船出
第2章 天平びとの生活誌
第3章 奈良時代から平安時代へ
第4章 平安の都
第5章 変動する日本と東アジア
第6章 摂関政治と人びと

出版社
商品紹介

学校教科書に準拠しつつ、ネット世代の情報感覚をも取り入れた、読みやすく入りやすい叙述と構成を心がける。

出版社・メーカーコメント

いまを生きるジュニアたちに贈る、日本史全集第2巻では、7世紀末から11世紀にかけての時代をあつかいます。時代区分でいえば、「奈良時代」、「平安時代」とよばれる時代です。この時代は、現在に生きる私たちにとって、たいへん大きな意味をもつ時代でした。まず、人びとが文字を積極的に学び、文字による本格的な記録をはじめたのは、7世紀後半のことでした。平安時代になると、漢字を変形させたひらがなやカタカナがつくられ、優れた文学作品がつくられます。また、この時代、国家は中国から律令という法律を学び、律令にもとづく政治をおこなうようになりました。こうして国家のしくみがととのうと、日本列島の社会も、形づくられていきます。各地には、それぞれの地域の特産物がうまれました。こうした特産物は、税として都にはこばれたり、交易品として各地に運ばれ、地域どうしの交流もさかんにおこなわれます。ヒトやモノの交流は、中国や朝鮮半島など、東アジア世界にもひろがっていきました。東アジアとの国際的な関係のなかで「日本」という国名がうまれたのもこの時代のことです。この本では、奈良時代、平安時代の意義を考え、現在の私たちがよりよく生きるヒントを探っていきます。

著者紹介

三上 喜孝 (ミカミ ヨシタカ)  
山形大学准教授
藤森 健太郎 (フジモリ ケンタロウ)  
群馬大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)