• 本

東大卒ママたちに教わる、「東大脳」を育てる3歳までの習慣

出版社名 小学館
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-09-311424-0
4-09-311424-2
税込価格 1,210円
頁数・縦 157P 19cm

商品内容

目次

1章 今からできる!“ながら”育脳(「いないいないばあ」で遊びながら記憶力アップ
赤ちゃんは「繰り返す」ことで集中力がつく
「あっち向いてホイ!」で前頭葉を育てよう ほか)
2章 遊びの中で“意識して”育脳(英語の教えどきは「r」と「l」の違いがわかる生後6〜12か月ごろ
入れ子のコップかさねで空間認識力・集中力を養おう
絵本を読んだら本物に会いに行こう! ほか)
3章 親として大切にしたい育脳の心得(「今日は特別ね」はダメ。親はぶれずに一貫した態度を!
よく寝る子は集中力が高い。たくさん寝かせよう
東大生は朝型人間が多い!規則的な生活リズムで自発性を育てよう ほか)

出版社・メーカーコメント

東大卒へのアンケートを実施! 彼らが3歳までにしていたこととは?東大生には普通の家庭で育った人たちがたくさんいます。でも共通していることがいくつか・・・。それは3歳までの育ち方。「東大に(入れるかも)脳」は、どうやって育つのか。実際に東大卒のママたちが親から受けた教育をふりかえります。 ?「東大生」というと幼いころからたくさん勉強して、特別な習い事をしてきたのではないか、と考える方もたくさんいるようですが、私たちを含め東大生がみんな特別な教育を受けてきたわけではありません。ただ、みんなで話す中でわかったのは、子どもに絵本をたくさん読むことや、早寝早起きといった習慣づけは共通してどの親も実践していたということでした。その効果が気になり調べてみると、「なにげない親の取り組みが脳によい影響を与えたようだ」ということがわかりました。それらをベースに、自分たちも子どもに対して実践している育脳の取り組みをまとめたのがこの本です。?(本書「はじめに」より)