• 本

小説葛飾北斎 上

P+D BOOKS

出版社名 小学館
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-09-352211-3
4-09-352211-1
税込価格 605円
頁数・縦 298P 19cm
シリーズ名 小説葛飾北斎

商品内容

出版社
商品紹介

人々の生活を見つめ、大いなる自然を見つめ、その感動を絵にした男・葛飾北斎。妻との運命的な出会い、写楽、馬琴、蔦屋重三郎らとの交流を通じて画家として人間として成長していく姿を描く時代ロマン小説の傑作。

おすすめコメント

北斎の生涯を描いた時代ロマン小説の傑作 人々の生活を見つめ、大いなる自然を見つめ、その感動を絵にした男・葛飾北斎。妻・お砂との運命的な出会い、写楽、馬琴、蔦屋重三郎らとの交流を通じて画家として人間として成長していく姿を瑞々しいタッチで描く。上巻では青年期の北斎の画家としての模索期間に、“異才”写楽との友情、そして絵画表現をめぐる議論が展開されていく。写楽の個性的な言動に対比されて、北斎の青年期の人物像とその成長ぶりが浮かび上がってくる仕掛けが絶妙。延々と続く絵画表現をめぐる議論が、不思議と退屈しないで読める。物語展開の軸になる人物視点が、北斎と写楽の二人に交互して効果をあげている。また、北斎や写楽をとりまく女性達の人物造形にふくらみがあり、華やかで生き生きとしていて、江戸の女性の色っぽさも織り交ぜている。北斎の伝記評伝ではなく、一人の絵描きを主人公にした、時代ロマン小説の傑作。

出版社・メーカーコメント

北斎の生涯を描いた時代ロマン小説の傑作人々の生活を見つめ、大いなる自然を見つめ、その感動を絵にした男・葛飾北斎。妻・お砂との運命的な出会い、写楽、馬琴、蔦屋重三郎らとの交流を通じて画家として人間として成長していく姿を瑞々しいタッチで描く。上巻では青年期の北斎の画家としての模索期間に、“異才”写楽との友情、そして絵画表現をめぐる議論が展開されていく。写楽の個性的な言動に対比されて、北斎の青年期の人物像とその成長ぶりが浮かび上がってくる仕掛けが絶妙。延々と続く絵画表現をめぐる議論が、不思議と退屈しないで読める。物語展開の軸になる人物視点が、北斎と写楽の二人に交互して効果をあげている。また、北斎や写楽をとりまく女性達の人物造形にふくらみがあり、華やかで生き生きとしていて、江戸の女性の色っぽさも織り交ぜている。北斎の伝記評伝ではなく、一人の絵描きを主人公にした、時代ロマン小説の傑作。