• 本

裏ヴァージョン

P+D BOOKS

出版社名 小学館
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-09-352313-4
4-09-352313-4
税込価格 540円
頁数・縦 237P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

家賃代わりに短篇小説を差し出す書き手と、それに対して辛辣コメントを浴びせ続ける読み手。やがてコメントは書き手の精神を抉るような質問状となり、青春を共に過ごした二人の中年女性の愛憎が垣間見える展開に―。現実世界と小説世界が入り交じる斬新な手法で描いた異色作。

出版社・メーカーコメント

現実世界と小説世界が交錯する斬新な異色作家賃代わりに差し出される短篇小説と、それに対して辛辣コメントを浴びせ続ける家主。やがてコメントは作家の精神を抉るような質問状となり、青春をともに過ごした2人の中年女性の愛憎が垣間見えてくる。小説を書くのは鳴かず飛ばずの作家・昌子で、その読み手は昌子が居候する家主で20年来の友人・鈴子。小説を介して、お互いの感情をぶつけ合う2人の切なさとおかしさを、現実世界と小説世界が入り交じる奇抜な手法で描いた著者の異色作。

著者紹介

松浦 理英子 (マツウラ リエコ)  
1958年(昭和33年)8月7日生まれ。愛媛県出身。1978年「葬儀の日」で第47回文學界新人賞を受賞しデビュー。1994年『親指Pの修業時代』で第33回女流文学賞、2008年『犬身』で第59回読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)