• 本

虚構の家

P+D BOOKS

出版社名 小学館
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-09-352333-2
4-09-352333-9
税込価格 715円
頁数・縦 438P 19cm

商品内容

要旨

異常なまでに潔癖な中学生の息子を持つ一家と、駆け落ちに走る女子高生の娘を持つ別の一家。物質や社会的地位には恵まれた、一見、幸福そうに見える双方の家庭には、外部からは窺い知れぬ深い闇があった。虚飾に彩られた裕福なふたつの家族の「内と外」をモチーフに、富裕層家族が、断絶のうちにじわじわと崩壊していく様を苛烈な筆致で描き、1974年当時、大きな反響を呼んだ。後にテレビドラマ化もされた作品で、家族の虚構を描く嚆矢ともなった問題作。

著者紹介

曽野 綾子 (ソノ アヤコ)  
1931年(昭和6年)9月17日生まれ。東京都出身。1979年ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章。2003年に文化功労者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)