• 本

生々流転

P+D BOOKS

出版社名 小学館
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-09-352337-0
4-09-352337-1
税込価格 715円
頁数・縦 503P 19cm

商品内容

要旨

素封家ながらも実は貧民窟に出自を持つ男と、その妾の間に生まれ落ちた美しい娘・蝶子。第一部では蝶子が女体育教師・安宅と園芸手・葛岡という男との三角関係に巻き込まれる展開を中心に、そこから逃れる目的で選んだ裕福な青年・池上との奇妙な同居生活が描かれる。第二部では乞食に落ちぶれた蝶子が市井の人々を観察しながら自らの半生を振り返る流浪の月日を描く。芸術家・岡本太郎の母親であり、歌人としても名高い岡本かの子の耽美妖艶な大巨編。

出版社・メーカーコメント

波乱万丈な“女の生涯”を耽美に描いた巨編素封家ながらも実は貧民窟に出自を持つ男と、その妾の間に生まれ落ちた美しい娘・蝶子。第一部では蝶子が女体育教師・安宅と園芸手・葛岡という男との三角関係に巻き込まれる展開を中心に、そこから逃れる目的で選んだ裕福な青年・池上との奇妙な同居生活が描かれる。第二部では乞食に落ちぶれた蝶子が市井の人々を観察しながら自らの半生を振り返る流浪の月日を描く。芸術家・岡本太郎の母親であり、歌人としても名高い岡本かの子の耽美妖艶な大巨編。

著者紹介

岡本 かの子 (オカモト カノコ)  
1889年(明治22年)3月1日‐1939年(昭和14年)2月18日、享年49。東京都出身。旧姓・大貫。漫画家・岡本一平と結婚し、芸術家・岡本太郎を生む。川端康成の知遇を得て、小説家に専心したのは晩年の数年間だった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)