• 本

女優万里子

P+D BOOKS

出版社名 小学館
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-09-352338-7
4-09-352338-X
税込価格 715円
頁数・縦 408P 19cm

商品内容

要旨

時は大正二年―当時まだ珍しかった聚楽館の養成所女優となるも、周囲からは色眼鏡で見られ、鳴かず飛ばずの日々が続いていた横田シナ(後の女優・三笠万里子)。だが、作家・佐藤紅禄との運命的出会いによってシナの運命は大きく舵を切っていく。草創期の関西新劇界を舞台に、紅禄との恋愛や葛藤、修羅場の中を生き抜いたシナの激動の生涯を、実の娘である著者が愛情豊かに描いた感動作。

出版社・メーカーコメント

実母の女優人生を愛惜を込めて描いた力作時は大正二年――当時まだ珍しかった聚楽館の養成所女優となるも、周囲からは色眼鏡で見られ、鳴かず飛ばずの日々が続いていた横田シナ(後の女優・三笠万里子)。だが、作家・佐藤紅禄との運命的出会いによって、シナの運命は大きく舵を切っていく。草創期の関西新劇界を舞台に、紅禄との恋愛や葛藤、修羅場の中を生き抜いたシナの激動の生涯を、実の娘である著者が愛情豊かに描いた感動作。

著者紹介

佐藤 愛子 (サトウ アイコ)  
1923年(大正12年)11月5日生まれ。大阪府出身。1969年、『戦いすんで日が暮れて』で第61回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)