• 本

桜桃とキリスト もう一つの太宰治伝 下

P+D BOOKS

出版社名 小学館
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-09-352368-4
4-09-352368-1
税込価格 660円
頁数・縦 354P 19cm
シリーズ名 桜桃とキリスト

商品内容

要旨

全盛期の栄華から“地上の別れ”に至るまでの天才・太宰治の軌跡。時代を超えて読み継がれる天才作家・太宰治。太宰の青春時代を切り取り描いた前作『辻音楽師の唄』に続く太宰治伝・完結編の下巻。後に『斜陽』を書くきっかけとなった女性、太田静子との劇的な出逢い、『如是我聞』における志賀直哉への罵倒の真相、井伏鱒二との師弟関係、そして山崎富栄との“地上の別れ”に至るまでの晩年を克明に描く。同じ津軽地方出身で直木賞作家である長部日出雄が、太宰への特別な愛情と深い理解を両輪にして描いた力作で、第29回大佛次郎賞、第15回和辻哲郎文化賞を受賞した長編評伝。

目次

第12章 銃後の覚悟
第13章 最高の喜劇作者
第14章 桜桃のかなしみ
第15章 最後の逆説
第16章 地上の別れ

出版社・メーカーコメント

“地上の別れ"に至る天才・太宰治の全軌跡 時代を超えて読み継がれる天才作家・太宰治。太宰の青春時代を描いた前作『辻音楽師の唄』に続く太宰治伝・完結編の下巻。 後に『斜陽』を書くきっかけとなった女性、太田静代との劇的な出逢い、『如是我聞』における志賀直哉への罵倒の真相、井伏鱒二との師弟関係、そして山崎富栄との“地上の別れ"に至るまでの晩年を克明に描く。 同じ津軽地方出身で直木賞作家である長部日出雄が、太宰への特別な愛情と深い理解を両輪にして描いた力作で、第29回大佛次郎賞、第15回和辻哲郎文化賞を受賞した長編評伝。

著者紹介

長部 日出雄 (オサベ ヒデオ)  
1934年(昭和9年)9月3日‐2018年(平成30年)10月18日、享年84。青森県出身。『津軽じょんから節』と『津軽世去れ節』により第69回直木賞を受賞。代表作に『鬼が来た―棟方志功伝』『見知らぬ戦場』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)