• 本

ア・ルース・ボーイ

P+D BOOKS

出版社名 小学館
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-09-352372-1
4-09-352372-X
税込価格 550円
頁数・縦 187P 19cm

商品内容

要旨

性悪な英語教師をブン殴って県下有数の名門進学校・I高を中退した17歳の斎木鮮は、中学時代の恋人だった幹とアパートで一緒に暮らし始める。幹もまた父親の分からない子を産んだばかりで女子高を退学していた。さまざまな世間の不条理に翻弄されながらも肉体労働での達成感や人間関係の充足を得て徐々に人として成長していく鮮―。幼少期に性的悪戯を受けた暗い過去や、母親との不和による傷に苦しみながらも鮮は一歩ずつ前へと歩みを進めるのだった。第4回三島由紀夫賞受賞作品で解説を文芸評論家の池上冬樹氏が特別寄稿。

出版社・メーカーコメント

生きる意味を探す元エリート少年の青春小説性悪な英語教師をブン殴って県下有数の名門進学校・I高を中退した17歳の斎木鮮は、中学時代の恋人だった幹とアパートで一緒に暮らし始める。幹もまた父親の分からない子を産んだばかりで女子高を退学していた。さまざまな世間の不条理に翻弄されながらも肉体労働での達成感や人間関係の充足を得て徐々に人として成長していく鮮――。幼少期に性的悪戯を受けた暗い過去や、母親との不和による傷に苦しみながらも鮮は一歩ずつ前へと歩みを進めるのだった。第4回三島由紀夫賞受賞作品で、解説を文芸評論家の池上冬樹氏が特別寄稿。

著者紹介

佐伯 一麦 (サエキ カズミ)  
1959年(昭和34年)生まれ。宮城県出身。1990年『ショート・サーキット』で第12回野間文芸新人賞、2004年『鉄塔家族』で第31回大佛次郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)