• 本

東京セブンローズ 下

P+D BOOKS

出版社名 小学館
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-09-352397-4
4-09-352397-5
税込価格 715円
頁数・縦 444P 18cm
シリーズ名 東京セブンローズ

商品内容

要旨

東京・根津の元団扇屋の主人・山中信介は戦時中、無実の罪で特高に捕らえられ、刑務所で終戦を迎えた。久々に自宅に戻ってみると、同居していた5人の女性に加えて2人の娘までも、GHQの将校たちに囲われてしまっていた。さらに、GHQによる「日本語のローマ字化計画」を知った信介は怒り心頭に発し、なんとか阻止しようとするが、逆に捕まってしまって…。「それでも日本人から漢字や假名を取り上げようだなんてあんまりぢゃないかしら」―。家族や家を失い、プライドもズタズタにされた日本人のなかから、七人の名花・東京セブンローズが立ち上がる。第47回菊池寛賞を受賞した名作長編の完結編。

著者紹介

井上 ひさし (イノウエ ヒサシ)  
1934年(昭和9年)11月16日‐2010年(平成22年)4月9日、享年75。山形県出身。1972年『手鎖心中』で第67回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)