• 本

仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン

出版社名 小学館
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-09-379874-7
4-09-379874-5
税込価格 1,540円
頁数・縦 316P 19cm

商品内容

要旨

アマゾン、ユニクロに潜入した次の標的は、ベールに包まれた「宅配ビジネス」だった。“企業にもっとも嫌われる”ジャーナリストが書く、衝撃の潜入労働ルポ!「送料無料」の暗部に迫る!

目次

第1章 迫り来る“宅配ビッグバン”
第2章 佐川「下請けドライバー」同乗ルポ
第3章 「風雲児」佐川が成り上がるまで
第4章 ヤマトはいかにして「覇者」となったか
第5章 日本郵便「逆転の独り勝ち」の真相
第6章 宅配ドライバーの過労ブルース
第7章 ヤマト「羽田クロノゲート」潜入記
終章 宅配に“送料無料”はあり得ない

出版社
商品紹介

「どこよりも速く安く多く運べ!」−−急成長する宅配ビジネスの裏側に、前代未聞の「潜入労働」で迫る。宅配ドライバーの助手や物流センターのバイトとして働くことを通じて、宅配戦争の光と影を浮き彫りにする。

おすすめコメント

前代未聞の潜入労働ルポ! いまや日本最大の成長産業とも言われる宅配ビジネス。ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手三社は日々、どこよりも「速く安く多く」運ぶための苛烈なシェア争いを行っている。だがその一方で、アマゾンをはじめとするネット通販の「即日宅配」まで可能にする宅配業界の現場は、いままでベールに包まれたままだった。そこで著者は、宅配ドライバーの助手に扮し、あるいは物流センターのバイトとして働くという、「潜入労働ルポ」を敢行する。そこで見えてきた、宅配戦争の「光と影」とはーー。アマゾン、ユニクロの内幕を暴き「企業に最も嫌われるジャーナリスト」の異名を持つ著者が放つ、衝撃のビジネス・ノンフィクション。

著者紹介

横田 増生 (ヨコタ マスオ)  
1965年福岡県生まれ。関西学院大学を卒業後、予備校講師を経て、アメリカ・アイオワ大学ジャーナリズム学部で修士号を取得。93年に帰国後、物流業界紙『輸送経済』の記者、編集長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)