• 本

宿命の戦記 笹川陽平、ハンセン病制圧の記録

出版社名 小学館
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-09-379899-0
4-09-379899-0
税込価格 2,090円
頁数・縦 461P 20cm

商品内容

要旨

世界の果てまで薬を届け、虐げられた人々とともに差別撤廃に挑む、日本財団会長の果てしなき旅。

目次

神よ、なぜに見捨て給う―インド/ムンバイ、プネー
砂嵐のあとで―エジプト/カイロ、アレキサンドリア
風光る国の奥には―アフリカ/マラウィ共和国
ピグミーの森、踊る大使―アフリカ/中央アフリカ共和国
ゼロの大地から―インド/チャティスガール州ライプール
引き裂かれた母子―ブラジル/リオデジャネイロ
愛を乞う者―ロシア/ウクライナ
忘れ得ぬ人びと―中央アジア/西ヨーロッパ/アフリカ
叫びと囁き―ブラジル/マットグロッソ州クイアバ
少女は拍手に包まれて―西太平洋/キリバス共和国〔ほか〕

著者紹介

高山 文彦 (タカヤマ フミヒコ)  
1958年宮崎県高千穂町生まれ。法政大学文学部中退。1999年、ハンセン病で早世した作家の評伝『火花 北条民雄の生涯』(七つ森書館刊)で第31回大宅壮一ノンフィクション賞と第22回講談社ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)