• 本

ソムリエの流儀 ワインとサービスの現場から学んだこと

出版社名 小学館
出版年月 2010年10月
ISBNコード 978-4-09-388153-1
4-09-388153-7
税込価格 1,980円
頁数・縦 288P 19cm

商品内容

要旨

イマイチな味のワインはボトルを振ればおいしくなる!苦手な味のワインもつまみを替えればぐいぐい飲める!ワインが熱燗に!?ワインをおいしく味わうちょっとしたコツが満載。

目次

世界ソムリエコンクールへの道
第1部 ソムリエはサービス業(ソムリエを目指していた頃
ソムリエの流儀―サービスの基本から考え方まで
日々是学習―ソムリエを続けていくために
理想のソムリエ像)
第2部 ソムリエのノウハウでワインを楽しく(ワインとある生活
名醸ワインを楽しむ
もっとお酒を楽しむ)

出版社
商品紹介

全日本最優秀ソムリエが、仕事の現場で得たサービス業のあり方全般に通じるソムリエの仕事内容とそのコツや心構えを伝え、ワインなどの飲物との付き合い方をつづる。

出版社・メーカーコメント

2007年第12回世界最優秀ソムリエコンクール・ギリシャ大会日本代表(2005年全日本最優秀ソムリエ。ギリシャ大会の模様はNHK「ザ・プロフェッショナル」で放映)の佐藤陽一氏が、ソムリエの修業と仕事、そして歓びや、サービス業のあり方などのほか、ワインの思いがけない楽しみ方や、食事の際にテーブルを飾る飲み物全般にまで及ぶ長年の経験を、洒脱な文書で綴るエッセイです。  ソムリエを目指した青春時代のパリ修業から、帰国後エノテーカピンキオーリ、タイユバン・ロブション、オストラルなど有名店のシェフ・ソムリエを経てオーナー・ソムリエになり、さらにソムリエ大会に挑戦して、サービス業界・金融業界のセミナーに講師として出かけるようになっていった自分の人生を語り、そこから得られた知識と知恵で、私たちのワインのある暮らしをより豊にしてくれる蘊蓄を、独特の筆致で面白くて為になる内容にして書き綴ります。  第1部では、ワインとソムリエ業から学んだサービス業や営業マンにも通じる顧客満足のための方法をわかりやすく展開し、第2部は、私たちのワインや酒の楽しみ方を実践的経験から提案する内容となっています。  編集担当者からのおすすめ情報 知識の習得はどんな仕事でも同じことで、仕事に生きる知識をどう蓄積しどう使っていくかが大事。ソムリエのサービスは、金融業でも営業マンでもみんな同じで、いかに客の要望を満足させるように動けるかなのだと感じつつ働く佐藤さんの生き方が、ソムリエ等のサービス業だけでなく、営業マンにもじんわりしみる蘊蓄満載です。

著者紹介

佐藤 陽一 (サトウ ヨウイチ)  
大阪府出身。料理人を目指し東京、横浜での調理の修業後、渡仏。パリを中心に、サヴォアやバスク地方の星付き店で、料理人としての経験を積む。この間にワインについての興味が深まり、ソムリエ・サービスに関心を持つ。パリ・ソムリエ協会(ASP)に所属し、毎週行なわれているプロのためのテイスティング会へ参加。世界最優秀ソムリエであるフィリップ・フォール=ブラック氏の経営するビストロ・デュ・ソムリエで研修を重ねる一方、フランス国内の産地訪問やドイツのワインアカデミーへの参加など研鑽を積む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)