• 本

ウイスキー・ライジング ジャパニーズ・ウイスキーと蒸溜所ガイド決定版

出版社名 小学館
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-09-388631-4
4-09-388631-8
税込価格 4,620円
頁数・縦 383P 23cm

商品内容

要旨

ジャパニーズ・ウイスキーの情報を世界に発信し続けている著者による、ジャパニーズ・ウイスキーの歴史全体を、詳細に記述した初の本。日本の全蒸溜所の最新の調査データも掲載。世界のコレクターが追い求める、伝説的なジャパニーズ・ウイスキーのボトルに関して詳細に解説。ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーも紹介。

目次

1 オン・ザ・ウェイ(ジャパニーズ・ウイスキーの歴史)
2 蒸溜器:日本の蒸溜所現在と過去(山崎蒸溜所・白州蒸溜所・知多蒸溜所(ビームサントリー株式会社)
余市蒸溜所・宮城峡蒸溜所(ニッカウヰスキー株式会社)
富士御殿場蒸溜所(キリンディスティラリー株式会社) ほか)
3 ジャパニーズ・ウイスキーを飲む(ジャパニーズ・ウイスキー・バーへのガイド
アイコン的なジャパニーズ・ウイスキーのシリーズ
グラスの中へ:33の記憶に残るウイスキー)

おすすめコメント

ジャパニーズ・ウイスキーに関する情報を世界に発信し続けている著者が書き下ろした本の翻訳版

出版社・メーカーコメント

ジャパニーズ・ウイスキーの全てを解説ジャパニーズ・ウイスキーは、今や世界の注目を浴びています。世界の品評会で毎年のように最高賞を受賞しています。ここ10年で、海外輸出額は、10倍にもなっており、国内でも限定ボトルが発売されれば、奪い合うような状況になっています。作者、ステファン・ヴァン・エイケンは、2000年に日本に移住して以来、ジャパニーズ・ウイスキーの調査をつづけ、Nonjattaなどのサイトで、ジャパニーズ・ウイスキーに関する情報を発信しつづけています。作者の調査、研究の集大成として、2016年に『Whisky Risng』がアメリカで出版されました。これはそれを、大幅にアップデートした、日本版です、いままでほとんど書かれていなかった、ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されています。また、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載しています。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

著者紹介

ヴァン・エイケン,ステファン (ヴァンエイケン,ステファン)   Van Eycken,Stefan
ベルギーおよびスコットランドで育ち、2000年に日本に移住。ジャパニーズ・ウイスキーに関するオンラインの情報源、Nonjattaを主催。『ウイスキー・マガジンUK』の日本担当編集者。『ウイスキー・マガジンJapanおよびFrance』のレギュラー寄稿者。レアなジャパニーズ・ウイスキーのシリーズ「ゴースト・シリーズ」を出している人物でもある。「ワールド・ウイスキー・アワード」の日本のパネラーを2012年から務めている
山岡 秀雄 (ヤマオカ ヒデオ)  
東京生まれ。1982年東京大学英語英米科卒業後、小学館に入社。コレクターとして有名で、世界的にネットワークを持つ。海外のノージングコンテストで8回の優勝歴がある
住吉 祐一郎 (スミヨシ ユウイチロウ)  
福岡県生まれ。ウイスキーコンサルタント、「バー・ライカード」オーナーバーテンダー。2000年オーストラリア国立マッコーリー大学政治学部卒。2001年ステップ・イングリッシュ設立。通訳・翻訳・英会話などを手掛けながら、ウイスキーの輸出入に携わる。2013年:竹鶴トップアンバサダー(アサヒビール株式会社)。2014年:竹鶴アンバサダー。2015年:竹鶴シニアアンバサダー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)