• 本

シェルパ斉藤の遊歩見聞録 だから歩く旅はやめられない

出版社名 小学館
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-09-388766-3
4-09-388766-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

目次

第1章 山を歩く
第2章 島を歩く
第3章 村を歩く
第4章 犬連れで歩く
第5章 被災地を歩く
第6章 海外を歩く
第7章 長い道を歩く

出版社・メーカーコメント

"人生を豊かにする“歩く旅""7つのスタイルアウトドア誌『BE-PAL』の人気連載「旅の自由型」から、珠玉の""歩く旅""を厳選、書き下ろしも加えた痛快バックパッキング紀行。1「山を歩く」2「島を歩く」3「村を歩く」4「犬連れで歩く」5「被災地を歩く」6「海外を歩く」7「長い道を歩く」と、7つの歩く旅に分けて、さまざまな旅先での人々との出会い、笑いと涙、感動たっぷりのエピソードを収録しています。「歩く旅の装備」をはじめ「おすすめの国内&海外トレイル」、「歩く旅が楽しめる島リスト」、「犬連れ旅のワンポイントアドバイス」などの実用コラムも満載。自由で、お金もかからず、健康的で、気持ちが前向きになる――。いいこと尽くめの“歩く旅""に出かけてみませんか?"

著者紹介

斉藤 政喜 (サイトウ マサキ)  
1961年生まれの紀行作家。揚子江をゴムボートで下ったことがきっかけで、フリーランスの物書きになる。就職経験なし。アウトドア雑誌BE‐PALでバックパッキングや自転車、オートバイ、ヒッチハイク、耕うん機、犬連れなど、自由な旅の連載を30年以上続けている。1995年に八ヶ岳山麓に移住。家をセルフビルドして自己完結型の田舎暮らしを楽しんでいる。踏破した国内外のトレイルは60本以上、泊まった山小屋は130軒以上、テント泊は1000回以上(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)