• 本

ルポ百田尚樹現象 愛国ポピュリズムの現在地

出版社名 小学館
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-09-388768-7
4-09-388768-3
税込価格 1,870円
頁数・縦 335P 19cm

商品内容

要旨

保守の星は“ヒーロー”か“ぺてん師”か。見城徹、花田紀凱、小林よしのり、西尾幹二、藤岡信勝らが実名証言。「ニューズウィーク日本版」大反響特集に大幅加筆。本人独占インタビュー5時間半。本人が初めて語った「百田尚樹現象」の“本質”とは?

目次

第1部 2019 モンスターの現在地(ヒーローかぺてん師か
彼らたちの0
敵を知れ
憤りの申し子
破壊の源流)
第2部 1996 時代の転換点(「自虐史観」の誕生
転身―藤岡信勝と教師たちの「当事者運動」
ポピュラリティー―小林よしのりを貫くもの
「一匹」の言葉―西尾幹二とその時代
分水嶺―『戦争論』が残したもの)

おすすめコメント

見城徹、花田紀凱、西尾幹二、小林よしのり、藤岡信勝らの実名証言をもとに、日本を席捲する「百田尚樹現象」の謎を解く。

著者紹介

石戸 諭 (イシド サトル)  
1984年、東京都生まれ。記者、ノンフィクションライター。2006年に立命館大学法学部卒業後、毎日新聞社に入社。岡山支局、大阪社会部、デジタル報道センターを経て、2016年にBuzzFeed Japanに入社。2018年からフリーランスに。2019年、ニューズウィーク日本版の特集「百田尚樹現象」にて第26回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)