• 本

サルデーニャの蜜蜂

出版社名 小学館
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-09-388774-8
4-09-388774-8
税込価格 1,870円
頁数・縦 253P 20cm

商品内容

要旨

イタリア往還四十余年、珠玉のエッセイ十五篇。伊日財団ウンベルト・アニエッリ記念ジャーナリスト賞受賞(2019年度)

目次

壁の中の海
辛い味
私の宝石
地響き
傷の記憶
建築家のカーディガン
迷える庭園美術館
口紅
サルデーニャの蜜蜂
満月に照らされて
波酔い
麝香
寡婦
聖なる人
リヴォルノの幻

おすすめコメント

イタリアの日常に潜む美しいものを描く  イタリア在住40余年の著者が描く、あまりにドラマチックな15話。ルネサンス時代から続く港町で、ペストの時代の感染との戦いに思いを馳せる『リヴォルノの幻』、サルディーニャ島でローマ時代から続く養蜂家一族の知られざる生を描く『香草』。代々本を行商してきた村人と、素朴で味わい深い食生活を描く『旨味』、極東で宣教する老牧師との対話を描く『聖痕』ほか深い人間模様を味わえる15編。

著者紹介

内田 洋子 (ウチダ ヨウコ)  
1959年神戸市生まれ。東京外国大学語イタリア語学科卒業。通信社ウーノ・アソシエイツ代表。2011年『ジーノの家 イタリア10景』で「日本エッセイスト・クラブ賞」「講談社エッセイ賞」を受賞。2019年「ウンベルト・アニエッリ記念ジャーナリスト賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)