• 本

マンガでわかるブロックチェーンのトリセツ

出版社名 小学館
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-09-388777-9
4-09-388777-2
税込価格 1,430円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

金融、医療、教育、流通、住まい―あなたの暮らしをもっと簡単、便利にする21世紀の新しいインフラ!マンガだからわかりやすい!

目次

ブロックチェーンって何?
ブロックチェーンと仮想通貨
ブロックチェーンがつながっていく仕組み
ブロックチェーンを利用した「トレーサビリティ」
ブロックチェーンが得意なこと、苦手なこと
ブロックチェーンは世界でどう活用されているか?
ブロックチェーンとIoTを組み合わせるメリット
ブロックチェーンを決済サービスで使うには?
ブロックチェーンで町おこし―スマートシティ(前編
後編)
ブロックチェーンで使われる技術のまとめ
ブロックチェーンでつくる未来
ブロックチェーンで「ステーブルコイン」
ブロックチェーンで株主総会

おすすめコメント

主人公の新人広報仲本サラがブロックチェーンについて学んで行くマンガを入り口に、ブロックチェーンの基本を優しく解説していきます。

著者紹介

森 一弥 (モリ カズヤ)  
アステリア(旧インフォテリア)株式会社Blockchain Solution R&Dグループディレクター。主力製品「ASTERIA Warp」のシニアプロダクトマネージャーとしてデータ連携製品の普及に務め、特に新技術との連携に力を入れる。2017年4月よりブロックチェーン事業推進室にて実証実験やコンサルティングなどを実施。ブロックチェーン推進協会(BCCC)では技術応用部会を立ち上げ、技術者へブロックチェーンアプリケーションの作り方を啓発している
佐倉 イサミ (サクラ イサミ)  
キャンプや自転車旅のレポート漫画もブログ『まるしばボタリング記』で掲載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)