• 本

新型コロナワクチン副作用が出る人、出ない人

出版社名 小学館
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-09-388831-8
4-09-388831-0
税込価格 1,430円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

ワクチンの有効性と副作用の実態とは?接種開始後の最新データを公開!

目次

第1章 変異株の疑問に答える
第2章 ワクチンの必要性
第3章 よくわかる免疫の仕組みQ&A
第4章 人々が知らされていない、ワクチンの不都合な真実
第5章 コロナワクチンの特徴と臨床試験
第6章 ワクチン接種後の死亡例と副作用
第7章 日本人の副作用死の実情
最終章 結局、ワクチンは打ったほうがいいのか?

出版社・メーカーコメント

ワクチン接種が進み、ようやくわかってきたその有効性と副作用の実態について、国内外の最新のエビデンスに基づき、近藤誠医師が忖度なく、あらゆる疑問に解答。ワクチン接種に不安を抱いている人に読んでほしい本。

著者紹介

近藤 誠 (コンドウ マコト)  
1948年生まれ。1973年、慶應義塾大学医学部卒業後、同医学部放射線科に入局。「乳房温存療法」のパイオニアとして知られ、安易な手術、抗がん剤治療を批判。2014年同大学を定年退職後、「近藤誠がん研究所セカンドオピニオン外来」を運営。2012年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)