• 本

毎日をいきいきと生きる100のヒント

小学館文庫 か40−2

出版社名 小学館
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-09-406159-8
4-09-406159-2
税込価格 682円
頁数・縦 315P 15cm

商品内容

要旨

『求めない』『受いれる』など多数の著書を通して、現代社会であえぐ私たちに優しく語りかけてくれた加島祥造さん。本書は生前最後に手がけた本となりました。晩年は自然を愛し、伊那谷で暮らしますが、生まれは東京、落語を愛する下町っ子。そんな加島さんの講演会は、いつも笑いが溢れ、親しみのある雰囲気に包まれていました。本書は、数多くの講演会から100の名言、名フレーズをセレクト。文章では出合えない本音の語りが飛び出します。そばに置いて、お好きなページからめくってみてください。失敗や不幸を喜びや発見に変える、知恵と勇気の言葉に出合えるでしょう。

目次

心が解放されているか?心がいきいきしているか?
僕の声を通じて、僕の全体の何かがあなた方に伝わるようにと思っているんです。
大切なものとの偶然の出合い。
非常識なことをする。
心から心へ伝わるしゃべり言葉。
大きなことはいらない。ほのかな希望で生きていればいいんだよ。
われわれはいつも、名づけられるものしか考えない。
「よくわからないけれどなんかいいなあ」という気持ちには、深いものがある。
命につながる生き方と、形式につながる生き方と、ふた通りあるんです。
人は、生まれたときには、なんの価値基準、判断基準ももっていません。〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

50万部『求めない』の著者、珠玉の金言集『求めない』『受いれる』など多数の著書を通して、現代社会であえぐ私たちに優しく語りかけてくれた加島祥造さん。本書は生前最後に手がけた本となりました。晩年は自然を愛し、伊那谷で暮らしますが、生まれは東京、落語を愛する下町っ子。そんな加島さんの講演会は、いつも笑いが溢れ、親しみのある雰囲気に包まれていました。本書は、数多くの講演会から100の名言、名フレーズをセレクト、文章では出合えない本音の語りが飛び出します。そばに置いて、お好きなページからめくってみてください。失敗や不幸を喜びや発見に変えていく、知恵と勇気の言葉が飛び出します。

著者紹介

加島 祥造 (カジマ ショウゾウ)  
1923年生まれ。信州大、横浜国大、青山学院短大等で長年アメリカ文学を教え、フォークナーなどの翻訳も多数手がける。また、「老子」の現代自由詩訳を始め多くの老子関係の著作を発表。詩人、墨彩画家としても活躍。2015年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)