• 本

ジャポニズムに夢中 愛しのジュエラー

小学館文庫 わ7−17

出版社名 小学館
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-09-406163-5
4-09-406163-0
税込価格 726円
頁数・縦 258P 15cm

商品内容

要旨

花岡ジュエリースクールの学生、皆見みな美と喜多川北斗が共同制作したジュエリー“清流の紅葉”。ニューヨークの宝飾店から絶賛され、譲ってもらえないならオリジナル作品を、という依頼が届く。そのキーワードは、ジャポニズム。日本らしいジュエリーを求めて、北斗は調べ始める。一方、石を磨くこと以外に積極的になれないみな美は、家に迷い込んだ猫をきっかけに人気アイドルグループのメンバー・内田敦と知り合う。しかも、二人の写真が週刊誌に出て大騒ぎに。北斗とみな美の恋の行方は!?北斗が作るオリジナルジュエリーとは!?文庫オリジナル小説、第二弾。

おすすめコメント

ジュエリーの魅力を伝える書き下ろし小説

出版社・メーカーコメント

"花岡ジュエリースクールの皆美みな美と喜多川北斗は、学園祭で共同制作した“清流の紅葉""が高評価された。それを見たニューヨークの宝飾店から、譲ってもらえないなら、オリジナル作品の制作をという依頼が届く。そのキーワードは、ジャポニズム。みな美とパールの展覧会に行った北斗は、消極的なみな美に対して、ジャポニズムの歴史を向井先生に聞いたり、日本らしい宝石や素材、デザインなどについて調べ始める。一方のみな美は、家に迷い込んだサビ猫を保護し飼い主を探したところ、持ち主が人気アイドルグループのメンバー・内田敦だったのでびっくり。敦は、先日仲良くなった老女・内田多美の孫だった。しかも、週刊誌に写真を撮られ、二人が交際しているかのように書かれてしまう。みな美は、恋心を抱きながらも、自分との境遇が違いすぎる北斗との距離を持とうと努めていた。北斗は、あこがれのジュエリー作家である、J・Qに会う。正体がわかって驚いた北斗だったが、自分の作品に何が必要なのか、理解したのだった。北斗は、どんなオリジナルジュエリーを作るのか。みな美との恋の行方は!?書き下ろしシリーズ、第2作!"

著者紹介

和田 はつ子 (ワダ ハツコ)  
東京都生まれ。日本女子大大学院修士課程修了。出版社勤務の後、作家デビュー。ミステリー、ホラーの作品を中心に執筆後、現在は時代小説を精力的に発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)